BLOGブログ

注文住宅で犬と飼い主が幸せに暮らすためにできること

近年では、「犬と一緒に快適に過ごせる家にしたい!」と、犬との暮らしを考えて家を建てる方が増加しています。
ペットは大切な家族の一員です。
一緒に住むならペットも飼い主も快適に暮らしたいですよね。
そのためには、犬の習性を理解した間取りにすることが大切です。
この記事では、飼い主と犬のどちらもが快適に暮らすための間取りやおすすめのアイディアをご紹介します。

犬の習性を理解する

犬が快適に過ごすためには、犬の習性を理解した間取りを考える必要があります。
以下のポイントを押さえておきましょう。

    【犬の習性】
  1. ・毎日の散歩が必須
  2. ・狭いところが好き
  3. ・寂しがり屋
  4. ・暑さが苦手
  5. ・好奇心旺盛


犬は散歩が大好きなので、こまめに散歩をさせてあげましょう。
狭い場所が好きな性質がある一方で寂しがり屋でもあるので、孤立した空間はストレスになります。
できるだけ家族と一緒に過ごせる環境が望ましいです。
また、夏場の暑さが苦手なため、体温調整をすることが大切になります。
エアコンや扇風機などで室内の気温に配慮しましょう。
家を建てる際には、犬の特性を理解した間取りや設備をしっかり整ええていきたいですね。

犬と飼い主が快適に暮らすために取り入れたいアイディア5選


ペット用のシンクを設置する


犬は散歩が大好きですが、散歩で付いた土などは室内に持ち込みたくないですよね。
外から帰ってきたときに使いやすい場所にペット用のシンクスペースを設置すれば、遠い洗面所や浴室に連れていかずに済むため、散歩後のお世話が楽になります。

犬が落ち着いて過ごせる空間をつくる


犬は狭いところを好む習性があるため、気持ちよく過ごせる自分の空間を作ってあげると良いでしょう。
家族が集まるリビングの一角に設けると寂しがり屋のワンちゃんも安心ですね。

庭にドックランを設ける


犬にとって毎日の散歩も大切ですが、公園などの広い場所で思い切り走り回るような運動を定期的にすることも必要であり、それができなければストレスになってしまいます。
庭を設けてドッグランを作ることで、いつでも自由に遊ばせることができます。
フェンスの隙間を狭くしておくと犬が通り抜けてしまうといった思わぬアクシデントも防げますよ。

調湿脱臭効果のある壁紙にする


注文住宅ではペットの飼育に適した壁紙も自由に選ぶことができます。
犬を飼っているとどうしてもトイレの臭いが気になるものです。
脱臭と湿度調節機能を備えた壁紙にすることで、臭いを抑えて快適な空間を保つことができます。

収納スペースを設ける


犬と一緒に暮らすということは、ドッグフードやペットシーツなどたくさんの生活必需品が必要になってきます。
その他にも、犬の遊び道具としてボールやフリスビーなどのグッズも多く、収納に悩んでしまいますよね。
玄関付近に犬用の収納を設けておけば、お散歩から帰ってきたときにまとめて片づけることができるので便利ですよ。

まとめ


犬と人が一緒に幸せに暮らすためには、犬の特性を理解した間取りをつくることが大切です。
注文住宅では自由に間取りを設計することができるので、どちらもが過ごしやすい家づくりを実現することができます。
これから家を建てる予定で犬を飼いたいとお考えの方は、まずは専門家に相談してみませんか?

アールグラフではお施主様の夢のマイホームの実現に、誠実に向き合いサポートいたします。お悩みご相談があればお気軽にご相談ください!

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。